« 先生 | トップページ | いいTax?? »

ある夜のできごと

先日、すっかり暗くなってから帰ろうとしましたら、いつもの通勤路が工事中で、迂回路を回らなくてはなりませんでした。

その道は民家の前などを通る細い道で、ふつうは車通りが少ないのでしょうが、迂回路になったために、多くの車が通っていました。しかし、街灯がほとんどなく、私はおっかなびっくり、ゆっくり運転していました。そうでないと、対向車にぶつかりそうでしたし、脱輪しそうだったのです。

右折しようとして、右側から来た車を待ってましたら、その車が停止してくれました。しかし、その後ろから別な車が追い越したような気がして、すぐに右折せずに、じっと追い越しの車を待っていました。ところが、それは目の錯覚で、待っていた車にブッブーとクラクションを鳴らされてしまいました。

「あぁー・・・!」と、あることに気がつきました。その数日前、私は、職場で、若く経験の浅いスタッフに、厳しいことを、きつい態度で言ってしまったのです。きっと彼は、慣れない真っ暗な細い道を、対向車と脱輪に神経を使いながら運転する、その日の私のような毎日を、繁忙期の今、過ごしていたに違いないのです。

先輩として反省しました。

そして、私も、以前は彼のようだったのに、いつの間にか、慣れた道に甘んじていたことにも気がつきました。

|

« 先生 | トップページ | いいTax?? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある夜のできごと:

« 先生 | トップページ | いいTax?? »