« 違和感の原因 | トップページ | 42年の思い »

こいのぼり

さわやかな風に乗って、こいのぼりが泳いでいる姿がそこここに見られる季節になりました。

子ども時代、私には男の兄弟がいないので、家にこいのぼりはありませんでした。

私に男の子が生まれたので、こいのぼりを買おうか、という話になりました。

そこで初めて知ったのですが、こいのぼりは毎日揚げたり降ろしたりしなくてはならないのですね。

お店で聞いたら、「揚げたままにしておいてもかまいませんが、濡れたりすると色は褪せますね」とのこと。

もし買ったら誰が揚げ降ろしをするか、ということになりました。

主人が「どうせ、自分がやることになるんだろう」と言いました。

それで、まだ、買っていません。

家の分はミニこいのぼりをブランコに立てて、大きいこいのぼりは、他でもたくさん見ることができます。

雨に濡れたミニこいのぼりを見て、長男が「こいのぼり、冷たいって」と、言いました。

子どもはちゃんと見ているのですね。

|

« 違和感の原因 | トップページ | 42年の思い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の幼少の頃は兄と弟がいたので、祖父が大きな鯉のぼりを家の前に
あげていました。朝、目覚めると鯉のぼりが既にあげてあり、夕方は必ず私たち4人が祖父の脇に並びながら、数メートルあるロープから鯉のぼりを下ろすのです。まるで『大きなかぶ』状態です。
しかしながら風にのって泳いでいる鯉のぼりを見た今、ふと『うちの鯉のぼりはおよいでなかったな』と・・・
確かに鯉のぼりは大きかったものの、上げる庭が広くはなかったので
鯉のぼりの記憶というと『並んで垂れてる・・・』でした(笑)

投稿: yukiyuki | 2009年4月30日 (木) 22時10分

yukiyukiさん、コメントありがとうございます。
そうですか。お祖父さんがやってくれていたのですね。
我が家では、お祖父さんにお願いできるかどうか分かりません。
お祖父さんは早起きなのですが、・・・

投稿: miho | 2009年5月 1日 (金) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 違和感の原因 | トップページ | 42年の思い »