« 忙しいのも・・・ | トップページ | お店のお金 »

ひまわりの競争

ゴールデンウィーク頃から、上の子がひまわりの種の観察をしています。

小さい鉢に植えたものと、透明な容器にジェル状の土代わりのものを入れたのとを見て、葉っぱや根っこの様子を見ているのです。

それぞれ2つずつ種を植えましたが、鉢の方の1つが早く芽を出しました。

鉢の中のもう1つが、双葉を種の殻から出そうとしているとき、初めに芽を出したほうが、しなびてしまいました。

「あららら、芽が出るのが早くても、途中で挫折することもあるのね」と思いながら、2番手の種の本葉がしっかりと出たときに、庭に植えかえ、ジェルの方の芽を、2本とも鉢の方に植えかえました。

ジェルの方はひょろ長い茎でしたが、それらも本葉が出てきました。

すると、いちばん初めに出てきた芽で、一度挫折したものが、また根がついてきて元気になってきたではないですか!

こんなこともあるんだな、と思いながら、ジェル生まれの芽を2本とも庭に植えかえました。

子どもが独りでやったからか、翌日見たら、どこに行ったのか分からなくなっていました。

ようやく、これかと思う葉っぱが見えたので、根元をしっかりと土で押さえ、水をあげたら、次の日には元気になっていました。

いちばん初めに庭に植えたのは、まだなかなか上には伸びていません。

挫折してまた復活した芽は、まだ鉢の中です。背は小さいですが、しっかりとした本葉がでてきました。そろそろ庭に移してもよさそうです。

どれがいちばん初めに花を咲かせるか、楽しみです。

|

« 忙しいのも・・・ | トップページ | お店のお金 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忙しいのも・・・ | トップページ | お店のお金 »