« 可愛さの功罪 | トップページ | 最終地点は変わらない »

数億年後の人間のかたち

今日は長男の保育所の遠足でした。

動物園に一緒に行きました。

長男に、「どんな動物が見たい?」

と聞くと、「パンダ!」

んんん、・・・あの動物園にはパンダっていたかしら?

レッサーパンダはいましたが、残念ながらジャイアントパンダはいませんでした。

ちなみに、野生のジャイアントパンダは中国にしかいないそうなのです。

なるほど・・・

動物園に行くと、太古の昔は、私たちもここにいる動物たちも、同じ姿だったんだなぁ、と、運命のいたずらのすごさに、思いを深く感じずにはいられません。

どこでどう変わっていったんでしょうか?

「○○したい」という意志が、体の形を変えていったのでしょうか?

とすれば、人間も、数億年のうちに、何種類かに分かれてしまうのかもしれませんね。

|

« 可愛さの功罪 | トップページ | 最終地点は変わらない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 可愛さの功罪 | トップページ | 最終地点は変わらない »