« エリートたちのゆくえ | トップページ | 新人との仕事 »

一石二鳥

子どもの日に、近くの運動場でイベントをしていました。

そこで、遊び用の自転車に乗りました。

それは、子どもが2人、運転者の座席の前に、真向かいに乗れるようになっていて、自転車を漕ぐと、その力で子どもたちの座席がくるくると回る仕掛けになっているものでした。

なかなか言葉では表現しにくいのですが、簡単にいうと、遊園地にある「回るコーヒーカップ」状のものが、自転車についているようなもので、その動力が自転車のペダルの回転というようなものなのです。

そのときは何とも思わなかったのですが、今朝、車を運転しているときに、周りのたくさんの車を見ていて、

「この、『車が動く力』を何かに活用できないかなぁ」

と思いつきました。

車はガソリンとエンジンで動きます。が、その動いたときには、どこかに力やエネルギーが発散されているのではないでしょうか?

車を、移動したり、運搬したりするだけのものでないものにしたら、すごく「エコ」だと思うのですが、何かアイディアはないでしょうか?

|

« エリートたちのゆくえ | トップページ | 新人との仕事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エリートたちのゆくえ | トップページ | 新人との仕事 »