« つわり | トップページ | 思い通りの人生? »

共通の感動

私は表千家のお茶を習っていますが、表千家の同門会に入会しますと、毎月、「同門」という雑誌が送られてきます。

その雑誌には、家元の言葉や、全国各地で行われたお茶席の様子や道具、代々の家元についてのお話や茶道の知識などが書かれています。

また、その雑誌の表紙はいつも素晴らしい風景の写真に飾られていて、それを見るだけでも、大変心が安らぎます。

先月、家の庭にある楓の花の散った様子を見て、素敵でしたので、写真を撮ってブログに掲載しようかなぁ、などと思っていましたら、その後に来た「同門」の表紙が、花の咲いたあとの生き生きとした楓の木の写真だったのです。私が見たものそのままだったのです。

また、田んぼの苗が、だんだん強くなってくる陽の光によって、次第にしっかりとしてきた様子も、ブログに載せてみようかな、と思っていたところ、6月に送られてきた「同門」の表紙が、田んぼの苗を写真に撮ったものでした。

お稽古などが共通だと、感動するものも共通のものになってくるのでしょうか?

不思議な気持ちになった2ヶ月でした。

|

« つわり | トップページ | 思い通りの人生? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つわり | トップページ | 思い通りの人生? »