« 田畑や沿岸部で働く人たちの笑顔を見るために | トップページ | 勉強仲間 »

季節を表すことば

今日から6月。衣替えの時期となりました。

私はお茶を習っていますが、着物の場合は、洋服よりもちょっと厳しい決まりがあります。

6月と9月は「単衣(ひとえ)」といって、裏地をつけない仕立て方をした着物を着ます。

7・8月は、夏物で、透けるものを着ます。

それ以外は、「袷(あわせ)」と呼ばれる、裏地をつけたものを着ます。

しかし、着物を着る機会が結婚式くらいしかなければ、6月や9月でも、ホテルの冷房が効いているので、袷を着る方も中にはいます。

また、最近では、温暖化の影響で、5月頃から単衣を着る方もいらっしゃるようです。

お茶の席ですと、季節を先取りするような着方をします。

着物の仕立てに関するルールは上記にお話したことと同じですが、お茶の場合は、床の間に花を飾る関係上、その花と重ならないように、ちょっと先の季節に咲く花の模様の着物や帯をします。

重ならないから、といって咲き終わった花の模様をもってくることはありません。

例えば、秋に咲く桔梗の模様は、夏の着物で着ることになります。

6月になりましたので、単衣の季節になりました。

その他に、お茶ですと、5月からは風炉(ふろ)の季節になります。炉(ろ)は、畳をくりぬいた部分に五徳をおいて釜を据えるもので、冬のものですが、風炉は、釜が畳より上の位置に来ます。また、客と釜の距離は、炉よりも風炉のほうが遠くなります。つまり、風炉の場合は、気温が高い時期ですので、お客様が火の熱さを感じないように設定されているのです。炉の場合は、まったく逆になります。

お茶や着物にたしなみのある方とお話しますと、「風炉の季節になりましたね」「単衣を着るようになりましたね」というのは、夏に近づいてきましたね、ということを意味し、季節の移ろいの速さに共感していることばなのです。

|

« 田畑や沿岸部で働く人たちの笑顔を見るために | トップページ | 勉強仲間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 田畑や沿岸部で働く人たちの笑顔を見るために | トップページ | 勉強仲間 »