« ロバート議事法 | トップページ | 就業実習 »

中途半端

私は、母であり、妻であり、嫁であり、娘であり、会社後継者であり、税理士であり、部下であり、上司であり、弟子であり、そして、女でもあります。

自慢や言い訳ではありませんが、ただでさえ不器用なのに、すべてを100%理想形にすることは、率直に言って、できません。

すべてを、他の方の協力や厚意なしに続けることは、大変難しいです。

すべてが中途半端、と言えます。

でも、逆に言うと、すべての立場を、少しずつ理解することはできます。

また、その立場になった時間は、できるだけ徹底してそれに集中しています(とは言っても、割り切ることが難しいときも多いのですが)。

今の時間は、今しかありません。

中途半端でも、それが自分の人生です。

そのことを受け入れずして、いったい何があるのでしょうか?

|

« ロバート議事法 | トップページ | 就業実習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

同じく・・・。
「男の人はいいよ!仕事が終わるまで(満足するまで)会社に居れる。私は終わらなくても家に帰らなければならない。子供がいるから」と、よく思ったものでした。でもその仕事をしなければ次の日がまた慌しくなり、そして子供が2人まだ幼かった為にいつ保育園から熱がある等の呼び出しのTELが来るかも知れない、そうすると又、仕事が半端で・・・だから徹夜覚悟で家に仕事を持ち帰り夜中に仕事をする・・・今度は、ふとこの子供達にとってお母さんって・・そう思うとまた夜中にお洋服を作ってあげたり。勿論、そんな生活では健全な心と体であるわけがないのです。悪循環ってまさにコレ!そんな中で主人に言われた「100点を取ろうとするな」の一言。寅年生まれの私は酉年生まれの主人にお決まりで噛み付きました!!!でも今、なんとなくわかります。何よりも心に余裕がなければ結果が100点でもどこかで付け加えるように減点があるということ。そして100点をとっても又すぐテストがやってくるということ。私は今、限られた時間に戦いを挑むが如く毎日です。「おおお!すごい今日の夕食は○分でできたっお母さんって天才!」好奇心旺盛な自分に若干疲れ気味

投稿: yukiyuki | 2009年6月29日 (月) 23時53分

yukiyukiさん、コメントありがとうございます。
奮闘ぶりが、よーーーく分かります。
いろいろ不本意なこともたくさんあります(よね?)が、最終的には自分で選んだ道ですものね。
子どもも、大きくなって手がかからなくなると、「さびしいものよ」と言って慰めてくださる先輩もたくさんいます。
お互い、楽しみましょう!!

投稿: miho | 2009年6月30日 (火) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロバート議事法 | トップページ | 就業実習 »