« お試し期間 | トップページ | あとになってから分かること »

企業存続の条件

企業が存続するかどうかは、長期的に見れば、経営者の資質によると思いますが、短期的に見ると、従業員の働き方に深くかかわっているように思います。

なぜなら、例えば、経営者に、万が一のことがあった場合、後継者がさほど優秀でなくても、現場は短期的にはある程度対応できますが、現場が対応できない(しない)状態に陥ってしまった場合には、いくら後継者が優秀であっても、1人ですべてに対応するということは、非常に難しいと思うからです。

そうした状況は、企業の信用を大きく損ねる結果になります。

そういった意味では、従業員が日頃どのような気持ちで業務に取り組んでいるか、ということが重要になってくると思います。

経営者の前では従順にしていても、いざ経営者が弱い立場になってしまったときに、勝手なことをしてみたり、反旗を翻すようなことをしてみたり、ということは、時々耳にすることがあります。

そのような行動の裏には、やはり、経営者や後継者の言動・行動が関係しているのかもしれません。

経営者は、自分たちの業務がどのように社会に貢献しているか、そのためにどのような働き方が期待されているのか、ということを、会社全体に浸透させ、自分も率先してそれに倣うとともに、従業員も自分の家族と同じように考えて、一体となって仕事をしていく必要があるかもしれませんね。

|

« お試し期間 | トップページ | あとになってから分かること »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お試し期間 | トップページ | あとになってから分かること »