« 婦人部 | トップページ | 出会いの産物 »

顔を知る

顧問先と、時々こんな話をすることがあります。

「この製品(商品)を最終的に使う人は、どんな人ですか?」

すると、例えば、自社が出荷する会社や市場、元請会社のことは分かるのですが、最終消費者の「顔」が見えていない場合があるのです。

また、原料として出荷していても、それが最終的にどんな製品に変わっていくのかが理解されていない場合もあるのです。

でも、それでは、製品の改善や開発は、すぐ目の前の得意先のニーズにだけ依存し、本来、消費者が望んでいることをつかむことは難しいのではないでしょうか?

最終的な消費者がどんな顔をしているのか、それを追及することが、第1歩です。

しかし、あまり難しく考えることはないのです。

なぜなら、身近にいる「家族」の厳しい意見が、それに近いものだと言えるからです。

|

« 婦人部 | トップページ | 出会いの産物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 婦人部 | トップページ | 出会いの産物 »