« 茶道のルールは「心がけ」 | トップページ | 代用品 »

シャドー・キャビネット

今月は、お客様向けのセミナーが数回ありますが、中堅スタッフに運営の責任者を任せています。

私はできるだけ口をはさまないようにしています。

しかし、直前になっているのに、責任者がその機能を果たしていないのではないか、と思える場合には、若手スタッフにこそこそ声をかけて、責任者を下から動かす、という作戦に出ます。

若手スタッフのほうが、細かな雑用については動きが早いのです。それは、中堅が怠けているというわけではなく、仕事の量の問題もあります。

ただ、中堅は、自分が仕事をすることには慣れているのですが、仕事の指示をする、ということができないのです。自分がやったほうが早い、と思っているうちは、部下を育てることはできません。いつまでも雑用に追われ、その年齢と経験年数で期待される仕事ができないまま、「年齢だけは立派」になっていくのです。

若手に仕事を覚えさせ、中堅が「これではいけない」と、お尻に火がつけば、「シャドー・キャビネット」の目的は達成されます。

心配なのは、若手が率先して仕事をしてくれることが、自分のリーダーシップの成果だと勘違いすることです。

私自身のことについても言えますが、少しの間は見えないところで「併走」も必要かな、と思っているのです。

|

« 茶道のルールは「心がけ」 | トップページ | 代用品 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茶道のルールは「心がけ」 | トップページ | 代用品 »