« 資格と仕事の関連性 | トップページ | 人生を賭けた演奏 »

全体最適

「全体最適」を考えられる人が、組織の中では重要です。

自分のことや自分の所属するセクションのことを考えるのは当然です。

全体を向上させていく中で、自分やセクションの向上を図る、もしくは逆に、自分やセクションを向上させていきながら、全体を向上させていく、という考え方が必要です。

「公平」や「平等」などということを唱えるつもりはありません。

活性化している組織で働くことはやりがいがあることだと思いますし、組織を活性化させるのは、自分自身なのです。

やりがいのある仕事をしているときに、不公平だとか不平等だとか、口にする人はいるでしょうか?

|

« 資格と仕事の関連性 | トップページ | 人生を賭けた演奏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 資格と仕事の関連性 | トップページ | 人生を賭けた演奏 »