« 3番目 | トップページ | 逃げ場 »

英語

学生時代、英語が好きでしたので(好き=できる、というわけではないことをご理解ください)、最初の就職先は外資系の会計事務所でした。

入社したばかりでかかってしまった病気のために、担当のクライアントは他の人の担当になってしまいました。

そこで、いろいろな上司のところに行って、さまざまな仕事をやらせていただきました。

その中でも、経験年数の割に評価していただけたのが、英文のアドバイス・レターの作成でした。

通常の業務は、私がやった仕事を、シニアスタッフがチェックし、マネージャー・パートナー、という順序でチェック・承認されて完成、ということになるのですが、直接マネージャーやパートナーから受けた英文レターの仕事などは、シニアを飛び越して、直接マネージャーがチェックするのです。

税法を分かりやすく説明し、依頼の内容に関する回答をするのですが、内容や英語力もさることながら、手紙の出だしをどう切り出すか、とか、どう締めくくるかというようなところに、センスが問われるような気がしました。

これはもう、14年くらい前の話です。

すっかり英語に触れる機会も少なくなりました。

たまたま、先日、英文でメールを書いていたのですが、単語が全然出てこないのです。

あーぁ、がっかりです。

|

« 3番目 | トップページ | 逃げ場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

英語とか数学は使っていないと忘れてしまいますね。
でも自転車の乗り方とか、水泳、学生時代やっていた
フェンシングの基本動作なんかは体で覚えていて、
忘れません。
不思議ですね。
FY

投稿: FY | 2009年11月23日 (月) 12時16分

FYさん、コメントありがとうございました。
本当にそうですね。
脳よりも体のほうが記憶力が優れているのかもしれませんね。

投稿: miho | 2009年11月24日 (火) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3番目 | トップページ | 逃げ場 »