« 同じ言葉でも | トップページ | 見た目と現実 »

感動の源

いろいろなことに関心をもって、一緒に何かをしたい、いい方向に進みたい、そのためには、自分の心をそちらに集中しなければならないと思います。

それが、

「感動」

の源ではないでしょうか?

何かを恐れたり、確実に自分に見返りがある部分にだけ気が向く、というような「心」では、感動は得られない、と思うのですが、皆さんはどのように考えますか?

|

« 同じ言葉でも | トップページ | 見た目と現実 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もうすぐ冬のオリンピックですね。

スポーツ選手は毎日過酷な練習を重ねて、
それでも成果が出なくて批判されたりする。
イチロー選手は「とにかく毎日同じ練習を積み重ねるだけ」と言っていました。
そんな日頃の努力が感動を呼ぶのでしょうね。
『やってみたら勝っちゃった~』ではきっと感動もしないのだろうと思います。
努力してこそ感動が生まれるのだと思います。

投稿: fumi | 2009年12月18日 (金) 11時25分

fumiさん、コメントありがとうございます。
そうですね。
他人が感動するのもそうですが、自分にとっても、そのようですね。

投稿: miho | 2009年12月18日 (金) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同じ言葉でも | トップページ | 見た目と現実 »