« (社)石巻法人会 女性部会 | トップページ | 雪の便り »

足元を見つめる

今日の朝礼の担当は、去年の4月に入社した女性スタッフでした。

去年大学を卒業したばかりで、大学時代は県南にある実家から通学していましたが、今は1人暮らしです。

彼女のスピーチは、

「昨日、研修で仙台に行った帰り、電車で、女子高生が話しているのが聞こえました。新しい携帯電話を買ってほしい、と親に話していたようですが、親は、壊れたら買ってあげるから、と答えたようです。その女子高生は、友人たちから、早く壊れたら新しいのを買ってもらえるね、と言われていました。

私は4月から1人暮らしで、物は大事に使わなければ、と最近よく思いますので、その高校生の話を聞いて、いろいろと考えさせられましたが、ふっと自分のことに返ると、おかずを作りすぎてしまって、それをいつまでも食べずにいたりすると、結局は捨てることになってしまうことが、何度かあったことを思い出しました。自分も、物を大事にしていなかったな、と反省しました。」

彼女も、きちんと自分の足元を見つめられるようになってきたように思います。

|

« (社)石巻法人会 女性部会 | トップページ | 雪の便り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (社)石巻法人会 女性部会 | トップページ | 雪の便り »