« 22.2.22 | トップページ | 誰かの声 »

税理士記念日

今日、2月23日は税理士記念日です。

これは、税理士法の前身である税務代理士法が、昭和17年2月23日に制定されたことに由来するそうです。

日本税理士会連合会では、昭和41年に一部の税理士会が実施した「税理士総奉仕の日」を、昭和42年の税理士制度施行25周年を機に、全国的な行事として、11月1日を「税理士総奉仕の日」と定め、全国各地で無料による税務相談を実施したそうです。

「税理士記念日」は、税理士の社会的活動であるこの「税理士総奉仕の日」を基盤に、記念日的性格を付与して、昭和44年に、税務代理士法制定日に移して制定されたものだそうです。

この記念日の意義は、税理士の社会的使命と税理士の職能の重要性の自覚を再確認するとともに、国民・納税者に対して、申告納税制度の普及と税理士制度の社会的意義を周知することにあるのです。(以上、『東北税理士会報』第490号より)

そのようなわけで、今日は1日、石巻駅前の『ロマン海遊』にて、税務相談を実施してきました。

例年この時期、税務署でも税務支援を実施するのですが、税務署での相談は、給与所得や年金などの所得税の相談がメインなのです。

しかし、今日は、相続や贈与、譲渡、収用など、なかなかその場で判断することが難しい案件もありました。

中には、「年金しか収入がないんだけれど、固定資産税は還付されないの?」という方も。

終わって、ほっとしました(というか、今回は受付だったのです)。

|

« 22.2.22 | トップページ | 誰かの声 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 22.2.22 | トップページ | 誰かの声 »