« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

定年

今日は、事務所の幹部であるC先輩が定年となりました。

昭和44年4月に事務所に入社してから、ずっとこの事務所で働いて42年になります。

偶然にも、今朝の朝礼のスピーチ担当になり、事務所に入ってからのお話を聞くことができました。

42年間の想いは、その言葉1つ1つに感じとれました。

8月からは役員として、私たち後輩に指導をいただきながら、将来の幹部候補生に管理機能を移していくことになっています。

長い間、お疲れさまでした。

そして、ありがとうございました!!

| | コメント (0)

管理

管理をするだけでは、お客様は増えないかもしれません。

しかし、管理をしていなかった結果、お客様が減るということは、かなり多いのではないかと思います。

「管理」といっても、いろいろあります。

顧客の減少・売り単価の低下・利益の減少等々を、単純に「不景気だから」とかたづけずに、原因を突きとめることが、経営の改善につながるのではないかと思います。

その結果、何を管理しなければならないかが分かると思います。

| | コメント (0)

リピータ-

あるセミナー講師の先生のブログに、

「講演が本当に良かったかどうかは、次も依頼されるかどうかで分かる」

と書かれていました。

なるほど、そうですよね。

そう考えながら、車を運転しながら、自分の仕事を顧みました。

いろいろと反省点が多いな、と思っていましたら、朝、電話がかかってきました。

「前回の講演が好評だったので、またお願いします」

とのこと。

とてもうれしかったです!!今度はこういう話を織りこんで、とか、いろいろとアイディアが湧いてきます。

うちの事務所も、そして、うちのお客様も、さらにこの地域も、リピーターがずっと続きますように・・・

| | コメント (0)

朝の蝉

私の家の近くには山があるのですが、朝方、しょうしょうと蝉が鳴いています。

すごい数の蝉ではないかと思います。でも、すごく繊細な声なのです。

まるで、何人もの演奏家がバイオリンの練習をしているような感じなのです。

それが、日が昇って明るくなると、とたんに聞こえなくなるのです。

さわやかな夏の朝の涼しさと、そのはかなさを感じます。

| | コメント (2)

中国人大学生、自宅視察

先日、中国の温州大学の学生が数人、自宅を訪問しました。

数日前から日本に滞在しており、地元の大学生と交流したり、いろいろな場所を視察したりしていたそうなのですが、この日は「日本人の生活の場」を視察、といった趣向のようでした。

100724_18410002

長女は張り切って、1人1人に折り紙製のショートケーキを作ったり、「JAPAN BOOK」という、日本を紹介する本を作ったりしました。

さらに、

「お母さん、中国でいちばん有名なものって何?」

と聞くので、

「パンダかな」

と答えると、スイカをくりぬいた入れ物にゼリーや果物を流し込み、表面はパンダの顔になっている、というようなデザートまで準備しました。

100724_18400001

中国人大学生たちは非常におとなしく、日本人大学生とさほど変わらない、という印象を受けました。

中国人、というと、「アグレッシブ」というイメージだったのですが、彼・彼女たちは、まったくそうではありませんでした。

建築や舞踊を大学で一生懸命に学ぶ、普通の大学生という感じでした。

ただ、日本人大学生、というか、日本と大きく違う部分がありました。

最近まで、国内・国外の移動に制限があったこと、家族政策があること・・・

彼・彼女たちは全員、一人っ子政策のもとで生まれた子たちです。

改めて日本の自由度の大きさを知りました。

| | コメント (4)

宮城県漁協青年部

昨日は午前中、その前日と同じくらい刺激的な研修を受けた後、夕方は自分が講師となって、宮城県漁協の組合員の青年部の総会に伴う研修会でお話させていただきました。

会場の中で、女性は私1人。

私以外は、真っ黒に日焼けした、たくましい海の男たちです。

最近は「青年部」といっても、会員が50歳を過ぎている人たちが大半・・・という会も少なくありませんが、昨日の「青年部」はまさしく「青年部」で、20~30歳の人たちばかりでした。

・・・ということは、私は年上です。

ということで、少し「カツ」を入れてきたつもりなのですが・・・

全員、後継者です。私も同じです。

彼らの悩みも私と似ています。

私の方が、少しだけ、悩みの原因と解決策を知っています。

・・・入れたと思った「カツ」が、「カツ」として伝わっているかは、少し心配ですが・・・

| | コメント (0)

下準備

自分の能力や環境を考慮に入れずに、「やったら素晴らしいだろうな」と思うことがあります。

でも、今、自分にとってその時機なのでしょうか?

確かに、年をとらないうちにやっておけば、時間がそれほどかからないかもしれません。

また、他に先んじることもできます。

しかし、今の自分は、いろいろなことが中途半端にしかできていません。

自分の今の環境と照らし合わせて、バランスを考えると・・・

今はその下準備をして、来たるべきそのチャンスに備えておきたいと思います。

| | コメント (0)

夏休み

今日からうちの小学生は夏休みです。

今朝5時頃から仕事をしていましたら、長女が5時半頃起きてきて、

「予定通り起きられた」

それから支度をし、宿題を始めました。

算数3ページ、国語3ページ、朝のうちに終わりました。

ラジオ体操の時間になり、カードをもって広場に行きました。

もう朝のうちに、すっかり今日やることが終わってしまったようです。

が、その他、「教育ババ」が、図書館に連れていってくれるようです。

今日は暑いので、プールに行くとも言っていました。

いい思い出ができる夏休みであってほしいです。

| | コメント (0)

世界ほやエキスポ

先週の土日、7月17・18日、「世界ほやエキスポ」が開催されました。

石巻駅前広場で、大変暑い2日間でしたが、お祭り会場も大変な熱気でした。

私たち一家も遊びに行きました。

ホヤ入り焼きそば、ホヤの串焼き、そして、ホヤアイス(!)を食べました。

私が以前からおいしいと思うのは、ホヤの燻製です。

ホタテの貝柱の燻製と同様、噛めば噛むほど味わい深いです。

新幹線の車内販売や、駅の売店でも売っています。

地元の出身でない主人は、「もっとこの地域はホヤで売り出すべきだ」と主張します。

なぜなら、ホヤは、「ガラパゴス的発展を遂げた」海産物だから、ということです。

「ガラパゴス的発展」・・・

都市と地方、大企業と中小企業、が対峙するとき、後者が優位性を勝ち取るには、この形態が有効だと、私も強く思います。

| | コメント (2)

話すことと伝えたいこと

皆さんの前でお話することが年に数回ありますが、あまり自分では得意ではないかな、と思っています。

でも、自分の中にあるものや日頃感じていること、経験していることであれば、その緊張感を通り越してお話できるような気がします。

そういう話をしないと、という使命感を感じると、緊張している暇がないのでしょう。

それが聴いて下さっている方に伝わると、一体となれるのかもしれませんね。

| | コメント (0)

簿記研修

今日は午後から、簿記の研修会でした。

宮城県水産業経営支援協議会が主催となって、日商簿記3級合格を目指した研修です。

受講生は、主に、宮城県漁協の若手の職員さんです。

今日は初回でしたが、明日も続けてやりますので、ほとんどの受講生は宿泊です。

今日は半日で、簿記の基本から説明し、練習問題をバシバシ解きました。

そして、宿題あり、明朝の理解度チェックテストあり、と、若干スパルタが入った研修となりました。

練習問題の答え合わせは、受講生1人1人に当てて答えていただきましたが、皆さんの理解度が早くて、ビックリ!!です。

終わった後、

「先生、明日は手形やるんでしょ?自分は手形でいつも間違えるから、みっちり教えてください」

とか、

「同じ町に住んでますよね?どのへんですか?」

とか、いろいろ声をかけて下さる方もいて、うれしくなりました。

今夜は夕食・懇親会の後、宿題をやってもらうことになっています。

私自身も、自分の受験時代を考えると、一緒に勉強した友人や先輩がいたから頑張れた、ということが言えます。

今日の夜、皆さんで仲良くなって、教えあいながら、宿題をしてもらえたらうれしいです。

| | コメント (0)

働きのモチベーション

なかなか自分の思うように社員が働いてくれない、とおっしゃる経営者は少なくありません。

では、どのような方針で働けばよいのか、ということは伝えてあるのでしょうか?

意外に、その場その場での対応は指示しても、「何を目指して働けばよいのか」ということは伝えきれていないのかもしれません。

また、それがどのように評価され、給与に反映されているか、ということは伝えてあるのでしょうか?

要するに、「経営方針の浸透」と「人事考課制度の確立」が、社員のモチベーションを高め、企業の価値を高めることにつながるのだと思います。

そして、その先頭に立つのが、経営者自身なのです。

また、社員は、「1消費者」でもあるのです。

その意見を聞くことも、経営方針を決めるのに、重要かもしれませんね。

経営者と社員が一体となったら、鬼に金棒、ですね!

| | コメント (0)

変革の覚悟

今、いろいろなことを見直そうとしています。

そのときに、従来の考え方に縛られていると、見直しに躊躇してしまいがちです。

どんな状態になっても、自分で責任をとろう、と覚悟すれば、それを回避できそうです。

| | コメント (0)

写真

いろいろな方のHPやブログを読みますが、私のブログは写真が少ないな、と思います。

例えば、いろいろな会でのお食事のメニューを1つ1つ写真で紹介して下さるブログなど(女性のブログに多いように感じますが)がありますが、なかなか私はできません。

写真を撮影するのが少し恥ずかしいのです。

写真が雄弁なのはよく理解できますし、自分自身も他の皆さんのHPやブログの写真を楽しんでいるのですが、・・・

これからは、少し勇気を出してみます。

| | コメント (2)

創造経営研究会

先日、当事務所で毎月1回行なっている、「創造経営研究会」の成果発表会がありました。

かなり深く会社の内部(時には家庭)に入り込んだ研修になっており、今期は4社が参加していました。

そのうち、何と、3社が農業法人でした。

それぞれ、いろいろなことにチャレンジしている真っ最中です。

後継者が参加したA社の社長は、

「この1年で、息子はほんとに変わったよ」

本当に、それは外見からもよく分かりました。たくましく、自信にあふれ、力強さが感じられます。

また社長と若手幹部が参加したT社の社長は、

「来期はまた別な2人を参加させるから」

成果は自分で挙げるもの。

みんなその力を持っているのです。

| | コメント (0)

初めての人生

どんなに老練でいろいろな経験を積んでいる方でも、「2回目の人生」ということはあり得ません。

皆、初めての人生を歩んでいます。

年齢を重ねていくということは、「それまでできなかったことができるようになる」だけでなく、「できたことができなくなる(物理的に)」こともあります。

それを楽しむことができるような人間になりたいです。

なぜなら、そのようにおっしゃる先輩方は、とても柔軟で若く、魅力的に思えるからです。

| | コメント (0)

デジタルの存在意義

ずいぶん前から、JC(青年会議所)では、「ペーパーレス会議」に取り組んでいます。

議案は事前にメールで配布し、当日はパソコンを見ながら会議をするのです。

私個人の意見としては、それぞれのパソコンですと、何を見ているのか分からないことがあるので、プロジェクターでスクリーンに映せば、皆同じ内容を見ることができますし、パソコンを用意することもなくなり、環境にもよいのではないかと思います。

うちの事務所の会議は、数年前から上記のような形でのペーパーレス会議です。

また、近年、学会での発表も、紙ベースでの論文集がなくなりつつあるようです。

主人の所属する複数の学会でも、事前に誰でもパソコンでダウンロードできるような仕組みになっているようです。

持ち物が少なくなったら、それだけ別のことを考えることができますね。

アナログな部分が濃くなったら、デジタルの存在価値がより高まったと言えるかもしれませんね。

| | コメント (2)

一夜の夢

研修先の高山から帰ってきました。

子どもたちは寝る準備をして待っていました。

高山とその途中の名古屋が大変暑かったこと、1時間半しか眠っていなかったことなどで、家に着いた時は大変疲れていました。

やっと子どもたちが床に就いたかなと思っていましたら、長男が、

「ホタルを見つけたよ」

と言うのです。

えぇーー、どれどれ、ホントです。

長男の寝床のある部屋に、迷い込んできてしまったようです。

無理やり床に就かせた長女も呼んで、家族全員で、ホタルと戯れました。

主人も私も、ホタルを見るのが初めてです。

こんなに小さい虫だとは思いませんでした。

母が、「おばあさんが小さいときは、蚊帳の中にホタルを入れて遊んだものだよ」

ホタルはきれいな水の近くにしか生息しないと聞いたことがあります。

1匹いるということは、まだ何匹か近くにいるのかもしれません。

長男はもうすぐ誕生日です。

誕生日をお祝いしに来てくれたのかな、と皆で話しました。

| | コメント (0)

高山

7月5・6日と、高山で研修です。

私の家を朝5:50に出発し、高山に着いたのは13:09でした。

研修は、とても熱く、非常に刺激になりました。

その「熱さ」と比べ、高山のまちは、しっとりと落ち着いた風情のまちでした。

研修が終わり、夕食までの間、古い街並みを散策しました。

6時前なのに、ほとんどの店が閉まっています。

でもそこがいいところなのかもしれません。

「また明日来ればいいよね」

と思わせるまちなのかもしれません。

100705_18080001

100705_18080002

| | コメント (0)

ミンサー織

主人の母から先日、沖縄旅行のお土産がたくさん送られてきました。

子どもたち1人1人へのTシャツ、沖縄のお菓子「ちんすこう」、泡盛、可愛らしいシーサーの置物などなど、たくさんありました(ありがとうございます!!)。

私へのお土産は、ミンサー織の手提げバッグでした。

ミンサー織は、四角形を5つ使った模様と4つ使った模様を、交互に織ったものです。

付いていたしおりを見ましたら、

「ミンサー織のこの模様は、『いつ(5)の世(4)もあなたへの愛は変わりません』という意味が込められています」

とありました。

平和へのメッセージのように思えました。

| | コメント (0)

タイミング

はっと思いついた「いいこと」は、その場で着手しないと忘れてしまいますね。

少し反省しています。

別な方法でやってみます!!

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »