« 明日から | トップページ | 成田空港 »

規格外のリンゴ

以前テレビ番組で、リンゴ農家の法人が非常に成功した事例を紹介していました。
そこでは、大きさが国内の市場の規格に合わないものは、加工用やジュース用などとして、安くしか販売できなかったそうです。
しかし、あるとき、ヨーロッパでは小さいサイズが好まれ、中国では大きいものが高値で売れることに気づいたそうです。
そこで、国内で規格外だとされてきたものを、国外に出すことにしたそうです。
それが大変成功したそうなのです。
他の事例としては、長い間在庫になっていたCDやレコードが、廃盤になったりその歌手が亡くなったりして、ファンやマニアがネットで高値で買う、ということがあるようです。
自分たちの物差しだけで、モノの価値は決められないのですね。

|

« 明日から | トップページ | 成田空港 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日から | トップページ | 成田空港 »