« 2010年台湾の旅・1 | トップページ | 2010年台湾の旅・3 »

2010年台湾の旅・2

Sekkannrou

台南市にある「赤崁楼(せきかんろう)」です。17世紀、明と戦っていたオランダは明と講和し、明の拠点を放棄する代わりに、台湾の南部に上陸しました。そのときに築城したのが、この赤崁楼です。

その後、長崎の平戸在住の日本人女性、田川松と、台湾人で密貿易をしていた鄭芝龍との間に生まれた、鄭成功(てい・せいこう)が、オランダ人を追放し、台湾を統治しました。

しかし、鄭成功は統治1年経過後、39歳の若さで亡くなります。

ここには、ものすごく小さな字で書かれた教科書が何冊か展示してありました。それらは印刷でなく、すべて手書きだということでした。

Touseiko_2

台南から高雄へ戻る途中にある、人工の湖、「澄清湖」。その近くにあった塔です。 

この日の夕食は、海鮮料理。高雄は海に面しているため、いろいろな魚介類に恵まれています。お刺身も、日本と同じように食べるようです。

Tyuuseikinenndo

翌日は台北へ。

蒋介石を祀った「中正紀念堂」を見ました。上の写真は側面です。

「中正」とは、蒋介石の本名で、「介石」は字(あざな)だということです。

Tyuusekikinendo2

Syoukaiseki

蒋介石の大きな像です。

この像を護衛するために、衛兵が両側に立っています。

Eiheibulue

9時から5時まで、1時間ごとに交代します。護衛している時間は、まったく動きません。この日は大変暑かったのですが、汗を拭く人は別にいるそうです。

制服は、藍色が空軍、白が海軍、緑色が陸軍、カーキ色が海軍陸戦隊だということです。

兵役は19歳からで、今は1年間のようです。

試験の成績によって、将兵と2等兵に分けられるそうで、1割しかいない将兵の1ヶ月の手当は6万円だそうですが、2等兵だと月9千円だということです。

また、この衛兵の選抜については、「身長175センチ以上185センチ以下、容姿端麗」が条件だそうです。

非常に厳しい訓練を経て、衛兵になるようです。

ここでは時間が合わず、交代式は見られなかったのですが、別のところで見ましたので、その報告のときに、また。

観光客の中には、蝋人形だと勘違いし、衛兵がまばたきをするのを見てはじめて、「本物」だと分かる人も多いようです(というか、私もそうでしたが)。

|

« 2010年台湾の旅・1 | トップページ | 2010年台湾の旅・3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も蒋介石像での衛兵の交代式見ました。
本当に一糸乱れずですね。
20年くらい前台湾に行ったのですが、ずいぶん変わった
でしょうね。
やけに暑かったこと、屋台の食事がうまかったことが
印象に残っています。
FY

投稿: FY | 2010年8月25日 (水) 17時10分

FYさん、コメントありがとうございます。
私は今回初めて台湾を訪れたのですが、25年くらい前に行った人はすごく変わった、と言っていました。
軍事よりもインフラ整備が急務だという政治に変わってきたから、のようです。
きっとFYさんのときには新幹線や桃園空港、高速道路はなかったのではないでしょうか?

投稿: miho | 2010年8月25日 (水) 17時26分

ブロク拝見しました。

写真、とても綺麗に撮れていますね!
お仕事と子育てとでお忙しいはずなのに
写真を送ってくださったり、ブログを更新したりと
バイタリティーにびっくりしています。
(私は、さすがに昨日は疲れて、夕飯も作らず寝てしまいました)

衛兵は、私も最初は人形かと思い
じっくり見たら、瞬きをしていたので驚きました。

これから、時々、ブログを覗かせていただきますね!!


投稿: michiyo | 2010年8月25日 (水) 20時13分

高速道路はあったと思います。
並走していたトラックの荷台にブタが満載されていました。
その中に男が一人一生懸命ブタにホースで水を飲ませていました。
ガイドの話では、今から市場に出荷するので、少しでも体重を増やす為に飲ませているとのことでした。
いかにも中国人らしいなと思い印象に残っています。
新幹線、桃園空港はなかったです。
FY

投稿: FY | 2010年8月26日 (木) 08時24分

michiyoさん、コメントありがとうございます。
大変うれしいです!
旅行、本当に楽しかったですね。
また今度、お邪魔したいと思っております。
いろいろご指導ください!

投稿: miho | 2010年8月26日 (木) 17時37分

FYさん、コメントありがとうございます。
私たちのツアーの台湾人ガイドさんは、中国人のことをあまりよく思っていないようでした。
どちらも「たくましさ」では、優劣つけがたいように思いますが、台湾人のほうが、日本人(もしくは他の外国人)に受け入れられやすいのではないのかな、と、勝手に感じています。

投稿: miho | 2010年8月26日 (木) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010年台湾の旅・1 | トップページ | 2010年台湾の旅・3 »