« 日税連 公開研究討論会 | トップページ | 夜の北上川 »

鵺(ぬえ)との再会

京都に行った時、少し時間が取れましたので、お寺などを見ることができました。

非常にゆったりとした時間を過ごすことができました。

表千家の北山会館にも行ってきました。

ちょうど、楽家の特別展示をしていました。

「楽家」とは、千家十職のうちの、お茶碗を専門に作る家系のことです。

楽家がつくった由緒のあるお茶碗をたくさん、じっくり見ることができました。

楽家は、当代が15代目です。

見た中に、「鵺(ぬえ)」という銘の、赤楽茶碗がありました。

3代目、道入がつくったものです。

鵺とは、想像上の鳥で、正体不明の奇怪な鳥のようです。

実は去年、このお茶碗を、東京・日本橋の三井記念美術館で見たのです。

このお茶碗は、三井記念美術館所蔵のものなのです。

そのときも、非常に強烈な印象がありました。

あぁ、ここでも会いましたね、という感じです。

北山会館では、初代から順序に代表的なお茶碗を展示し、その代がつくったお茶碗の傾向や特徴を解説するとともに、楽家の流れをどのように継承したか、や、その時代背景や茶道のおかれた状況なども説明されていました。

大変勉強になりました。

楽家は、必ずしも全員が血のつながった人が継承しているわけではないようで、そのあたりが興味深かったです。

|

« 日税連 公開研究討論会 | トップページ | 夜の北上川 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日税連 公開研究討論会 | トップページ | 夜の北上川 »