« 万が一をやり過ごすために | トップページ | 鵺(ぬえ)との再会 »

日税連 公開研究討論会

10月15日、京都にて、日本税理士会連合会主催の第38回公開研究討論会に行ってきました。

毎年持ち回りで、各地区の税理士会が研究と運営を担当するのです。

来年は東北税理士会と北海道税理士会が研究担当、運営を東北税理士会が担当するのですが、私は、今回ご縁があり、運営の臨時委員をすることになったのです。

その関係で、下見を兼ねて、今回京都での討論会に参加しました。

前日の14日には、東北税理士会のそれぞれの担当ごとに会議がありました。

京都税理士会館をお借りしての会議でした。

Zeirisikaikan

東北税理士会館も今年落成したばかりの新しい会館ですが、京都の会館も大変新しい会館でした。

そして、15日は討論会の本番です。

Kanban

今回は、近畿税理士会が運営担当、研究担当は、北陸税理士会と近畿税理士会でした。

討論会参加者数は何と、1,200人です。

Touronkai

広い会場が参加者でぎっしりと埋め尽くされました。

運営の段取り等を見せていただいた関係で、すべてを聞くことはできませんでしたが、一部聞いただけでも、大変勉強になりました。

北陸税理士会では、「損失に関する税制」をテーマに、「損失」というものを体系化し、分析と提言を行ないました。

近畿税理士会では、「所得控除と税額控除の役割」と題し、究極的には、国のとるスタンスが税制に発現するとの発表でした。

給付付き税額控除に関しての分析も聞くことができ、非常に勉強になりました。

来年は10月7日、仙台国際センターで開催されます。

先輩・お仲間の先生方の研究・発表を非常に楽しみにいたしております。

|

« 万が一をやり過ごすために | トップページ | 鵺(ぬえ)との再会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

北陸会、近畿税理士会ともに素晴らしい研究でしたね。
特に北陸会の「損失に関する税制」良かったと思います。
 「これまでこれほど体系的に損失について研究されたものは無く、独創的で素晴らしい研究でした。」と指導教授が講評されました。
来年このような講評が得られるような研究にしたいですね。

FY

投稿: FY | 2010年10月18日 (月) 18時00分

FYさん、コメントありがとうございます。
本当ですね。
大変すばらしかったと思いました。
1,200人の参加者は、そのときは多いと思いましたが、本当はもっとたくさんの税理士(だけでなく、税務に携わる専門家も)が集まると、士気が高まるのではないかと感じました。
来年もよろしくお願い申し上げます。

投稿: miho | 2010年10月18日 (月) 19時49分

ご来訪ありがとうございました。京都の直後は盛岡とはお忙しいですね!!
FYさんってもしかして我らの。。。ww

投稿: 仙台の税理士・田中武司のブログ | 2010年10月20日 (水) 18時12分

田中先生、コメントありがとうございます。
京都は本当に楽しかったですね!
先生と同じ年代ということで、大変うれしく感じました。
昨日盛岡から帰ってくる間に、次回の飲み会のカラオケで、先生と一緒に歌える歌の選曲をしてました。そのときはどうぞお付き合いくださいね!


投稿: miho | 2010年10月21日 (木) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万が一をやり過ごすために | トップページ | 鵺(ぬえ)との再会 »