« ある別れ | トップページ | 学ぼう、確定申告とe-tax »

厳しい応援団

先代の社長と後継者(主に子どもの場合)の間に、「心の溝」がある場合を、少なからず見かけます。

先代の社長、特に創業者の場合は、後継者に対して批判をすることが多く、後継者は、その批判に対して、「厳しい」と反発し、お互いになかなかうまくコミュニケーションがとれないのです。

あるいは、「先代の社長が、自分の好きなように振る舞っていて、なかなか自分(後継者)の思うようにしてくれない」などということもあると思います。

先代の社長は、自分の子ども(あるいは、子どもの配偶者)が後継ぎになってくれる、というだけで、非常にうれしい気持ちではないかな、と思います。

何もない状態から、ここまで事業を続けてきたのは、並々ならぬ汗と涙の賜物だと思いますが、それを引き継いでくれる人がいる、というのは、創業者ではない私が想像しただけでも、自分の事業の「成功」の1つの形態だと思えることでしょう。

そういう、経営基盤のある状態に、後継者が入っていくことになります。

先代の社長からしてみると、自分の子どもも可愛いと思いますが、それと同等に、あるいはそれ以上に、自分の「事業」が可愛いものだと思います。

自分のプライベートな時間や楽しみを捨てて、事業がうまく軌道に乗るまで我慢したこともあったでしょう。

そういうときには、従業員もその姿を見て、一緒に汗を流したこともあったでしょう。

後継者は後継者で、いろいろな悩みやジレンマがあるでしょうが、そういうつらさからしてみたらどちらが大変でしょうか。

先代の社長にしてみたら、「そんなに簡単に事業がうまくいってたまるか」とか、「自分がつくった基盤に乗っかって事業をしているくせに、自分が全部やったと勘違いしているんじゃないか」などと、感じることもあるでしょう。

では、どのようにしてコミュニケーションをとっていけばいいのでしょうか?

先代の社長は、いろいろ言ってはいますが、事業と自分の後継者が心配なのです。

ですから、その心配を取り除くために、きちんと「報告」をすればいいのです。

大きな決定をする場合には、もちろん報告以前に、「相談」も必要だと思います。

それから、今の時代は、先代の時代とは違います。

経営の基本は先代のやり方を貫いたとしても、経営の手法に関しては、今の時代に合わせたやり方を考えなくてはなりません。

先代のやり方ではうまくいかない、と批判をする前に、これから自分がどのように経営を進めていくかを、数字の予測も含めて考え、行動しなくてはなりません。

その際、自分より古参の社員が「ネック」だという人がいますが、そういう人に、どうすれば自分のやり方を受け入れてもらえるか、を考えなくてはなりません。

そこで自分が「試される」のです。

先代の社長も、自分よりベテランの社員さんも、「厳しい応援団」なのです。

|

« ある別れ | トップページ | 学ぼう、確定申告とe-tax »

人生はおもしろい」カテゴリの記事

ありがとうございます!」カテゴリの記事

経営の悩み、いろいろ」カテゴリの記事

発見!なるほど!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ある別れ | トップページ | 学ぼう、確定申告とe-tax »