« 23年度事業計画会議 | トップページ | 末っ子 »

幹部が育たない理由

経営者の仕事というと、たくさんあるように思いますが、意外におろそかにされているのではないか、と思えるのが、

「幹部社員の育成」

ではないかと思います。

社歴が長くても、いつも経営者が従業員に細かい指示を出さなくてはならなかったり、ミス・ロス・クレームがしばしばあったり、というのは、本来、幹部社員が指示やチェックをしなければならないことであるにもかかわらず、幹部社員が本来の機能を果たしていないため、幹部社員の仕事を経営者がしてしまっているのです。

経営者は全体を見なくてはなりませんので、細かいチェックはできているようで意外とできていないことも多いのです。また、抽象的なことや精神論はお話できても、それが必ずしも社員に理解できない場合や具体的な行動をどうしたらいいか、ということは分からないことが多いのです。

そこを、もう少し年齢や立場の近い幹部社員や中堅社員が、細かくチェックしたり、具体的な行動を指示したりすればいいのです。

また、中途採用だから必ず即戦力になる、とは限らないのが昨今の傾向のようで、もしそうだとしても、チェックは必要です(中途ということは、前職での成績や勤務態度がどうだったのか、が問題になるからです)。

だとすれば、新卒も中途も同じことなので、待遇面や今後この会社で勤続できる年数などを考えて選択してもいいかもしれませんね。

重要なのは、全員が会社をつくっている、という雰囲気だと思います。

幹部社員が育たないのは、もしかしたら、経営者が自分の弱みを見せたくない、という気持ちがあるからかもしれません。

|

« 23年度事業計画会議 | トップページ | 末っ子 »

経営の悩み、いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 23年度事業計画会議 | トップページ | 末っ子 »