« 腹式呼吸 | トップページ | デジタルとドラマ »

基準の所在

長女はもう冬休みに入りましたが、学校では九九をやっていて、自分で文章問題を作り、その中でいいものを先生が選んで、全員に宿題として出し、解く、という取組みをしています。

「いちごが3個載ったお皿が5枚あります。いちごは全部で何個あるでしょう」

などという問題です。

この答えは、

「3×5=15」

であり、最後の答えが同じでも、

「5×3=15」

ではないのだ、と先生が、保護者向けにプリントを出していました。

つまり、「基準」は、「3個載ったお皿」、というわけです。

しかし、仕事をしていると、時々、「何を基準にしているのか」ということが、意外に分からずにいることもあるのではないか、と思えるようになってきました。

「自分」を基準にしていると、そこから先に進んでいけないのではないか、と思います。

|

« 腹式呼吸 | トップページ | デジタルとドラマ »

人生はおもしろい」カテゴリの記事

経営の悩み、いろいろ」カテゴリの記事

家族の時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 腹式呼吸 | トップページ | デジタルとドラマ »