« 休日当番医 | トップページ | システム体験会、ありがとうございました! »

外部監査

昨日はISOのサーベイランスでした。

うちの事務所は半年に1回、外部より審査員の方がいらして、ISOに適合した経営をしているかどうかを監査していただいています。

ISOも日本に導入され、普及し始めた頃は、記録が残っているか、とか、規格に合っているかどうか、ということが重要視されていましたが、最近は、経営にどのように貢献しているか、ということが最重要課題だという視点で監査されています。

経営への貢献、と一言で言いますが、顧客満足度・売上増加・得意先増加・利益増加・業務効率化・人材の力量向上、などがその指標といえます。

自社で内部監査をして、いろいろな問題点が出てきますので、それを改善していこうと取り組んでいますが、外部の目で見ると、また違った問題点や改善方法が浮かび上がってきます。

最近は、サーベイランスも年1回というところが増えてきているそうで、「御社もそのようにできないでしょうか」と何度か言われています。

「このくらい自社でできるのだから、大丈夫ですよ」

と言われるのですが、私自身は、外部監査があるから何とかできるのであって、それがなければずるずるになってしまいそうなのです。それで、今まで半年に1回のサーベイランスをお願いしてきました。

試験なども同じで、試験があるから合格できるように努力するのであって、もしなければ、自分でどれくらい理解できているかが分かりませんし、他のことにしても同じかもしれません。

それと同時に、「他人の見方」を知る、ということも、勉強になるのです。

もともと自分1人でできます、と言い切れる人は、優秀な方でうらやましいですね。

ISOも、社員が1人という会社でも導入しているところや、自治体で取得しているところもあるようです。

トップの考え方次第なのかもしれませんね。

|

« 休日当番医 | トップページ | システム体験会、ありがとうございました! »

経営の悩み、いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休日当番医 | トップページ | システム体験会、ありがとうございました! »