« 伝統文化子ども教室 | トップページ | 「あがいん」と「よばれんさい」 »

自分というフィルター

誰かに自分がお話しているとき、「あっ、これは自分に対して言っていることばだな」と感じるときがあります。

また、同じ人に対する見方でも、同じ部分を見ているのに、自分の感じ方と他の人の感じ方では、まったく違う場合があります。

何かを見る場合、「自分」というフィルターを通して見るために、こういうことが起きるのだと思います。

他人が何とも思わないことでも、自分ではものすごくこだわったり、またその逆のこともある、というのは、そういうことですね。

そう考えると、その人が、その人自身をどのように感じているかがよく分かり、興味深いです。

|

« 伝統文化子ども教室 | トップページ | 「あがいん」と「よばれんさい」 »

人生はおもしろい」カテゴリの記事

経営の悩み、いろいろ」カテゴリの記事

発見!なるほど!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伝統文化子ども教室 | トップページ | 「あがいん」と「よばれんさい」 »