« 衣と食 | トップページ | サラダの不在 »

堅いふた

私の得意技は、「堅いビンのふたを開けること」です。

私自身は体が小さく、スポーツが得意だというわけではないのですが、家族が、「このビン、堅くてふたが開けられない」というときに、ひょいと開けることができるのです。

家族が「へぇー、すごい」と感嘆する顔を見るのも、快感です。

しかし、ただ私の力が強いというだけではないような気がするのです。

家族が、堅いビンを開けよう、開けよう、と力を入れているときに、少しはふたが開きかげんになっているのではないかと思うのです。

そして、結局自分たちの力では開かないので、私にお鉢が回ってきて、私がぐっと力を入れると、ぱっとふたが開く、ということではないかと思うのです。

「おいしい部分」は、意外と、「あきらめるか、あきらめないか」だけの差だったりするのです。

|

« 衣と食 | トップページ | サラダの不在 »

人生はおもしろい」カテゴリの記事

家族の時間」カテゴリの記事

発見!なるほど!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 衣と食 | トップページ | サラダの不在 »