« 偶然生かされている自分 | トップページ | 子どもたち »

被災ホームレス

そろそろ長女も新学期を迎えることになりますので、早めに自分たちの「住所」を決めなければなりません。

お客さまからもどんどんお問い合わせが来たり、また、こちらからも出向いて相談に乗ったりお手伝いしていかなくてはなりませんので、早く地元に戻らなくてはならないのです。

専門用語でいうと、「住所」ではなく、「居所」という表現になるのかもしれませんが、昨日今日と石巻に戻って、事務所のことと同時並行でアパート探しをしましたが、まったく物件がありませんでした。

これまでアパートに住んでいた方が被災して、別のアパートに入っているというケース、私たちのように家が流されてしまったケース、持家で家が残っていても、浸水や水没でしばらく住めない状態であるケース、などなどで、アパート需要が急激に高まったからです。

私たちは避難所で1週間過ごしてきましたが、そこではまったく通信手段がなかったために、出遅れてしまいました。

しかし、今後、避難所になっている学校も、新学期が始まると、被災者の方に教室や体育館等から出てもらわなければならなくなります。

仮設住宅など、まったく間に合いません。

親戚や友人にお世話になれる方がいれば、しばらくの間は何とかなるかもしれませんが、そういう人がいない場合や、そういう人たちも同じような状況の場合は、どうすればよいのでしょう?

遠方の親戚の家でも、そこまでの交通手段が寸断されています。

ガソリンも、1日並んでも供給量が限られています。しかし、車があるところはまだいいのです。

車も流された、水没して使えない、という方もいるのです。

私たちは、家を探しながら、叔母の家にしばらくお世話になることにしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実際に離職していなくても、休業により給料を支給されない場合には、失業給付を受けることができます。

以下をご覧ください。↓ ↓

「失業給付特例措置」

|

« 偶然生かされている自分 | トップページ | 子どもたち »

経営の悩み、いろいろ」カテゴリの記事

コメント

昨夜、石巻市のジャマイカの青年が、北海道の函館に住むことになったお話がニュースに出ました。日本語と歌がおじょうずで、とても明るい方です。地元では知られた方なのでは、と思いました。

投稿: トマト | 2011年3月30日 (水) 11時36分

九州佐賀からです。TKC佐賀支部の山浦と申します。
ここ九州でも被害の状況を見て心を痛めております。
当事者にとってみれば言葉では言い表せない状況なのだろうと思います。
ただただ、がんばってください。
みんな応援しております。
事後報告で済みませんが、
被災状況を知ってもらうべく私のブログにこのHPを照会させていただいております。

投稿: 山浦義行 | 2011年3月30日 (水) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 偶然生かされている自分 | トップページ | 子どもたち »