« 震災関連税制・支援策に関する研修会のご案内 | トップページ | 適応力に適応した施策 »

においの違い

被災地以外にお住まいの方に、

「今回の震災のことでいろいろ教えてほしい」

と言われることがあります。

私は、生意気にも、どなたに対しても、迷うことなく、

「こちらにおいでになれば、分かると思います」

とお伝えします。

「知る」ことと「感じる」ことは、少し違うのではないか、と思うからです。

感じることは、「心」に通じます。

こんなことを言うと、学校の先生に叱られそうですが、学生時代に勉強したことは忘れてしまっても、学生時代の友情や感動、達成感は忘れない、というのと同じかもしれません。

もちろん、勉強も忘れないのがいちばんですが・・・

そして、感情は、感性、・・・ということなのかもしれません。

先日お会いした、被災者の支援を行なっている、ある組織のトップの方が、

「TVで見るのと、”におい”が違うと思いますよ」

とお話されていました。

でも、・・・鼻の感覚が鋭くないと、分からないかもしれませんね。

|

« 震災関連税制・支援策に関する研修会のご案内 | トップページ | 適応力に適応した施策 »

発見!なるほど!」カテゴリの記事

コメント

いやいや、確かににおいます。それだけで、被災地の生活の厳しさを感じます。だれでもわかるはずです。

投稿: 荻島の桜 | 2011年6月 7日 (火) 19時09分

荻島の桜さん、コメントありがとうございます。
主人のブログにも、時々コメントをいただいており、本当にありがとうございます。
お菓子の映画を東京で見たという方がいらっしゃり、クライマックスで涙があふれんとしているときに、うちの主人がスクリーンに出てきたということで、涙がパタリと止まってしまったそうです。
話が横道にそれました。
「鼻」は「鼻が利く」の「鼻」です。
確かに物理的にもにおうかもしれませんが、・・・

投稿: miho | 2011年6月 8日 (水) 09時28分

この記事へのコメントは終了しました。

« 震災関連税制・支援策に関する研修会のご案内 | トップページ | 適応力に適応した施策 »