« 適応力に適応した施策 | トップページ | 女川っ子の合同運動会 »

結婚記念日

先日、仙台での研修のあと、夏物の洋服を見てきました。

何しろ、「ゼロからのスタート」ですので、季節が変わるごとに洋服を買いそろえなければなりません。

いろいろ試着していると、お店の方から、

「アクセサリーはふだんつけないのですか?」

と聞かれました。

震災後、初めて伺った店ではなく、被害のことも話していたのですが・・・

ぐっ・・・、と、一呼吸おいて、

「・・・、たくさんあったのですが、津波ですべてなくなりました」

と答えました。

お店の方も、「あっ!・・・すみません」

と言いながら、(やっちゃったぁ~)と、罪のない照れ笑い・・・

そういえば、今日は結婚記念日でした。

婚約指輪もなくなりました。

いろいろな思い出の品も、名前が特定できるものは拾得物コーナーに届けてありますが、そうでないものは、がれきの一部になっているか、海の波間に漂っています。

「家族が無事でいることが何より幸せ」

そのことは、本当にそう思います。

「発展途上国に比べたら、まだまだ豊かで安定した生活」

これも、真実でしょう。

でも、誰もが、そのまま、被害を受けた人たちに言っていい言葉、なのだろうか、と、ひがみやすい性格の私は、思ってしまいます。

|

« 適応力に適応した施策 | トップページ | 女川っ子の合同運動会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もクルマが流出してますが、わかっているはずなのに
「タイヤ交換しましたか?」などと聞かれましたよ

被害の共有は難しい部分もありますね

投稿: keiko | 2011年6月13日 (月) 09時08分

keikoさん、コメントありがとうございます。
先日は、お会いできて大変楽しかったです。
今度石巻にいらっしゃる時には、是非事務所に寄って下さいね。
今回の震災のことだけでなく、お客様の情報・状況をきちんと把握する、というのは、当たり前のことのように思うのですが、なかなか徹底はできないのかもしれませんね。
ひるがえって自分のことを考えたら、周囲からそう思われている部分もきっとあるかもしれませんが・・・
でも、先日、子どもを病院に連れていきましたら、以前の住まいの場所を言っただけで、医療費がかかりませんでした。
り災証明もいりませんでした。
「伝家の宝刀」り災証明で、全国「復興支援価格」になればいいのになぁ、と都合のいいことを考えています。


投稿: miho | 2011年6月13日 (月) 10時35分

遅れてしまいましたが、記念日おめでとうございます!

私もお店に出ることが多々あるのですが、北海道の方は、基本シャイな方が多いこともあって、私の方から話しかけることが多いんです。
そんな時、相手のことをもっと考えて口にしないといかんなと、これを読んで改めて感じました。
何歳になっても常に勉強の毎日です。。。

投稿: うだがわ | 2011年6月14日 (火) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 適応力に適応した施策 | トップページ | 女川っ子の合同運動会 »