« 形が変わってもできること | トップページ | カンタータ大いなる故郷石巻 »

ニュースにならないヒーローたち

なでしこジャパンの成し遂げたことは、本当に、多くの人たちに感動と勇気を与えてくれました。

被災地でも同じ感動を得ている人たちが多いと思います。

私も、PK戦で、勝利が決まったとき、涙が出ました。

それは、彼女たちがこれまで努力を積み重ねてきたことと同時に、「被災地のために」とか、世界中の支援に感謝、といった思いが伝わったから、ということが大きいように感じます。

素晴らしいニュースでした。

被災地では、ニュースにはならないけれども、いろいろなところで、自身が被災者であるにもかかわらず、人助けや支援が行なわれていることも、被災地以外に住んでいらっしゃる方にはお伝えしなければならない、と思います。

津波が押し寄せる中、体を張って、流されてくる人たちを助けた人たちは、私が聞く限りでも、かなりの人数にのぼりますが、車のガラスを素手でたたき割ったり、流木が背中に突き刺さったりして怪我をしていることにも気づかなかった、と言います。

仕事とはいえ、救援物資が来る前のひもじい時期に、町の職員、避難所となっていた学校の先生方、議員さんたちは、被災者のために、食糧をかき集めて配っていました。

高齢者を預かる施設では、利用者の方々を避難させたあと、スタッフの方々が犠牲になってしまったと聞きました。

学校や幼稚園、保育所などでも、先生方が、保護者が来るまで子どもたちを避難させ、保護して下さっていたところが多いと思います。

事業所が被災しているにもかかわらず、自社のために届いた支援物資を、惜しみなく避難所にボランティアで提供した会社も少なくありません。

生活物資を扱う店舗では、「復興支援価格」と称して、赤字覚悟で、多くの被災者の方々に、食料・衣料品・家具等の生活物資を低価格で販売しています。

このように、どういう業種でも、地域密着型の事業所は、同じ思いで事業を行なっているところが多いと思います。

先日までたくさんの自衛隊の方々が、被災地で、避難所同様の生活をしながら、多くの支援をして下さっていましたが、遺体の捜索や収容については、ものすごく丁寧に、礼を尽くしてやって下さっていた、と聞きました。

また、悲しいことですが、本当に理不尽なこともたくさん起きています。

そんなことも、ニュースにはなっていないのです。

いろいろなことがありすぎて、そして、私の知らないこともたくさんある中で、まだまだ書ききれませんが、ニュースにはならない、そして、そうしてほしいとも望んでもいない人たちがたくさん存在していることも分かっていただきたい、と思います。

|

« 形が変わってもできること | トップページ | カンタータ大いなる故郷石巻 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ありがとうございます!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 形が変わってもできること | トップページ | カンタータ大いなる故郷石巻 »