« 映画「エクレール・お菓子放浪記」、石巻にて上映決定 | トップページ | 戦略経営者9月号とおまけ »

進化する自動車

通勤も、お客様のところに行くときも、買い物も、私はほとんど車で移動です。

他の家もだいたい似ています。

震災後は、他県・他地域からたくさんの応援・支援の方が来て下さっていることもあり、これまでより渋滞することが多くなっています。

以前より早めに出発することを心がけていますが、その他にも考えることがあります。

「今、大きな地震が起きたらどうしよう」

ということです。

特に、橋の上やトンネルの中にいるとき、川や海の近くにいるときに考えます。

車を運転しているときは、震災後はずっとラジオをつけるようにしていますので、情報はそちらからとれますが、大きな地震の時にどこに避難するのかは、自分で判断しなくてはなりません。

常に、

「今、地震になったら、どこに逃げるか」

ということを考えてしまいます。

昨日も、渋滞中にいろいろなことを考えていましたが、ふと、

「車に翼みたいなものがついていたら、それで多くの人が無事に逃げられるのでは」

と思いました。

今、再生可能エネルギーなどの議論が活発です。

これまでの常識が覆されてきています。

車も進化しなくてはならないのではないでしょうか?

翼、もしくは気球のように、空中に浮かんで、操作可能な状態になればいいと思います。

常に使うことはなく、エアバッグのように、緊急時に動けばいいのです。

いいと思いませんか?

|

« 映画「エクレール・お菓子放浪記」、石巻にて上映決定 | トップページ | 戦略経営者9月号とおまけ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

現実の問題として、本当に車に羽があったなら と思いたくなりますよね。 

投稿: トマト | 2011年8月29日 (月) 22時57分

トマトさん、コメントありがとうございます。
私は至って現実的に考えています。
自動車メーカーも、是非考えていただきたいです。

投稿: miho | 2011年8月30日 (火) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「エクレール・お菓子放浪記」、石巻にて上映決定 | トップページ | 戦略経営者9月号とおまけ »