« 被ばく限度の基準 | トップページ | 金融庁・中小企業庁への被災地の声 »

数奇な運命

日曜日、映画「エクレール・お菓子放浪記」を観てきました。

石巻では今月初めから上映されているのですが、なかなか観に行く機会がありませんでした。

と思っていたら、主人公アキオを演じた吉井一肇(はじめ)君(12歳)が、何と、中国最大の映画祭、第20回金鶏百花映画祭の国際部門で、主演男優賞を受賞した!との、ものすごい朗報が飛び込んできたのです!!

111023_10500001

この賞は、日本人では2人目で、1人目は「おくりびと」の本木雅弘さんでした。

吉井君は映画初出演ですから、ものすごい快挙です。

主な共演は、いしだあゆみさん、林隆三さん、高橋恵子さん、尾藤イサオさん、遠藤憲一さん、元野球選手の駒場徳広さん、ピンクの電話の竹内都子さん、等々、豪華な顔ぶれです。

一度試写会で観た、という主人も無理やり引っ張って、家族全員で、この映画を観に行きました。

旧北上川のヨシ原、登米市の木造の尋常小学校と足踏みオルガン、日和山、岡田劇場の入口にあるグッズ売り場、舞台、客席・・・

しかし、震災で、岡田劇場は、もう何もなくなってしまったのです。

映画には、主人もエキストラで出演しており、エンドロールにも名前が出てきます。

パンフレットにも写真が出ています。

というか、最後の見開きのページの左端に写っています。

父は、岡田劇場が、「人生の恩人」ということもあり、この映画に多額の寄付をしましたので、パンフレットにも映画のエンドロールにも、個人名で名前が紹介されています。

映画には、多くのエキストラの方が出演しています。

石巻市の亀山市長の顔がスクリーンに映し出されたときは、観衆から「あら」「ふふ」という声が漏れました。

友人たちも何人か顔が出ました。

この映画の話が舞い込んできたのはいつ頃だったかなぁ、と、映画が終わったあと、主人と話しました。

主人が、この映画の石巻での「応援する会」の事務局となり、奔走する中、どうやって全国に発信しようか、と聞かれ、

「ブログを書いたら?」

と言いました。

いつからこの映画のブログを書き始めたのか、見てみましたら、去年の1月末からでした。 ↓ ↓

http://makicasi.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/index.html

ずっとこのブログを見て行きましたら、去年の3月6日にチリ地震があり、海岸付近で少しだけ津波があった様子が書かれています。

50年前のチリ地震津波のときの岡田劇場のことも書いてあります。

シナリオの完成、ポスターの完成、石巻での撮影、仙台での試写会、等々、この映画のこともですが、それに付随するさまざまなことが書き綴られています。

そして、ブログには書けないいろいろなことを、私も聞いていました。

3月9日に、石巻専修大学で開催された観光フォーラム。この日も大きな地震がありました。このフォーラムの記事は、3月11日にアップされています。↓ ↓

http://makicasi.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-49a2.html

次の記事を書く前に、あの震災が起きてしまいました。

読者の皆さんが心配して、コメントを書いて下さっています。

主人は映画の裏方(映画スタッフ)の裏方(応援する会)の裏方(事務局)でした。

この映画が、震災により、むしろ注目を浴びることになり、また、主人公が主演男優賞を獲得することになろうとは・・・

そして、この映画に関わった多くの方が、震災により、人生が大きく変わりました。

くそばばぁ役を演じたいしだあゆみさんと主人公アキオの吉井君を、旧北上川のヨシをかきわけて、舟が往来するシーンがありますが、この舟の船頭さんは行方不明だそうです。

エキストラで出ている皆さんも、甚大な被害を受けた方が多いと思います。

もちろん、主人もそうです。

映画の主人公も、数奇な運命をたどる人生でしたが、この映画も、そして、映画に関わった人たちも・・・

この映画は、世界中の映画祭からオファーが来ているようです。

また、11月に、東京の専修大学でも、1日だけですが上映されるそうです。

その時に、主人もこの映画、そして震災について、話をするそうです。

是非、お近くの方はご参加ください。

|

« 被ばく限度の基準 | トップページ | 金融庁・中小企業庁への被災地の声 »

私のおすすめPR」カテゴリの記事

コメント

「エクレール・お菓子放浪記」 試写会を含めて、5回観ました。
6回目は 我が街で27日夜に試写会があります。

 砂川ロケの中心になってくれた方達が応援に見に来てくれます。 
黄色い大きなエクレールの旗もお借りしています。 街の中心地の道路に面した所には、趣旨を話してギャラリーをお借りしています。 夜はライトアップされています。 
 ポスター、チラシ、パンフレット、関連の物を展示させて頂いています。 紅葉の葉、キャンディ等を散らばせて、色々ディスプレイして・・。 とても綺麗ですよ! 

試写会、 200名を目標に新聞各社に記事を乗せていただきました。 そこに、一肇君のニュースです。 弾みがつきます。

12月28日 1日4回上映で、頑張ります。 無理かも~・・・・。 毎日、気持ちのアップ、ダウンの繰り返しですが、 多くの市民の皆様に見に来て頂きたいです。 

きょうの夕方、FMで又、映画のお話させて頂きます。 11日には生放送で監督さんに電話出演をして頂きました。 中国での嬉しいニュース、楽しみにしていま~す、と最後絞めましたが、本当になったのでした!!!

投稿: トマト | 2011年10月25日 (火) 13時02分

読み返しましたら、上記の上映会の日、間違えていました!

岩見沢市文化センター 中ホール です。 11月28日です。

投稿: トマト | 2011年10月25日 (火) 13時13分

トマトさん、コメントありがとうございます。
本当にうれしいですね!
多くの皆さんがこの映画を観て下さることを期待しています。
今日の夕方のFM、楽しみです。
どのようなお話をされたのか、今度教えて下さいね!

投稿: miho | 2011年10月25日 (火) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 被ばく限度の基準 | トップページ | 金融庁・中小企業庁への被災地の声 »