« ピアノとの再会 | トップページ | 非・当たり前の継続 »

注意一秒、・・・

今日は、東北税理士会の担当役員の先生方と、地元・石巻支部の先生方との、被災地座談会がありました。

私もお声掛けいただきましたので、参加させていただきました。

税務・税法だけでなく、被災地における中小企業の現状と復興を妨げているいろいろな事項につき、錚々たる先生方がいらっしゃるにもかかわらず、ずけずけとお話させていただきました。

帰り際、東北税理士会の担当部長の先生から、お声をかけていただきました。

「大先生(父のこと)、お元気ですか?」

父も、以前、東北税理士会で理事を長年務めておりましたし、また、同業者団体の東北地区の会長も、数年前、務めておりましたので、「親の七光り」で、ご指導下さったり、可愛がって下さる先生方が多いのです。

「大先生が会長を務めていたときに、うちの県まで来て下さったのですが、(その同業者団体に)未入会だった私に、”チュー”して下さったので、入会を決めたのです」

その先生は、目下の私が言うのは失礼かもしれませんが、「知的なイケメン」で、かつ、優しく、素敵な先生です。

しかし、うちの父を断り切れなかったのでしょう。

「チュー意一秒、○○一生」

って、こういうことを言うのかもしれません。

|

« ピアノとの再会 | トップページ | 非・当たり前の継続 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピアノとの再会 | トップページ | 非・当たり前の継続 »