« はだしのゲン | トップページ | ニューエイジ平成23年度定時総会 »

連絡

女川町から委託された業者から、とうとう、電話が来ました。

「お宅の家に残っている門などを、解体・撤去してもいいでしょうか?」

津波で、家は土台しか残りませんでしたが、道路から少し高くしていた門や玄関先の敷石は、津波に耐えて残っていたのです。

「父に直接電話して下さい」

と言いました。

どうやら、その担当の方は、今は内陸部に住んでいる叔父から、事務所の電話番号を聞いたようです。

ということは、隣の隣にあった叔父の家も、もう更地になってしまったのでしょうか?

もう、自分の家がどこにあったのかさえ、分からなくなってしまう、ということです。

「いつから始まるのですか?」

と聞くと、

「了解が出れば明日にでも」

ということでした。

いつになったら、未練がましさが消えるのでしょうか。

|

« はだしのゲン | トップページ | ニューエイジ平成23年度定時総会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

誕生日おめでとう。

投稿: stcl | 2012年2月22日 (水) 01時06分

浜のほうは、けっこう早くに、更地にされていました。
震災後、流れ着いた瓦礫、折れた電柱を目にしたときは、ショックでしたが、次に行った時は、草がぼうぼうと生えてきていて、その次行った時は、土台も何もかもなくなり、消毒の粉が一面にまかれていて、またその次行ったときには、新しい雑草が生え始めていました。
初めて目にした惨状にも心痛めましたが、日がたつにつれ、そこについこの前まであった何もかもがすっかりなくなって、いままでの生活の痕跡がすっかりなくなっていくことのほうがとても辛くおもえました。
前に、みほちゃんの住んでいたあたりまで、行ってみましたが、全然わからなくて、ただただ車を走らせて帰ってきました。

今思えば、コンクリートの破片でも、タイルでも、土でも、なんでも良いから持ってきて、庭にでもまいておけばよかったかな・・・・なんて考えることもあります。

投稿: mitsue | 2012年2月22日 (水) 22時21分

stclさん、コメントありがとうございます。
誕生日のお祝いの言葉、大変うれしいです!
これからもよろしくお願いします!

mitsueさん、コメントありがとうございます。
うちの近所もすぐに更地になり、また、岸壁に近いところはすぐにがれき置き場となっていました。
うちは本当に分かるだけ良かったのです。近くに建物だけ残っていた家も、早くに取り壊されましたし・・・
未練がましく、電話をかけてきた委託業者の方に連絡し、うちのものだと分かる庭石と、小さく残っていたさつきを、解体するときに別な場所においてもらえないかお願いしましたら、とっても丁寧に快諾していただきました。本当にありがたかったです。
運動公園に遺失物コーナーがあるので、何かあるかもしれませんよ。行ってみては?

投稿: miho | 2012年2月23日 (木) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はだしのゲン | トップページ | ニューエイジ平成23年度定時総会 »