« 「中小企業の会計に関する基本要領」の適用に関するチェックリスト | トップページ | 震災で申告期限に間に合わない場合 »

相続税の税務調査

震災で犠牲になってしまった方の相続税の申告を、何件かやっています。

誰もが、まさかそんなことが起こるとは思っていませんので、どのような財産を持っていたのか、分からない場合もあります。

後から「こんなのもありました」というのが、何回かありました。

申告の内容をご説明しているときに、相続人の方から、

「相続税も、税務調査はあるのですか?」

との質問がありました。

「相続税の場合には、遺産のもれがあると確信できるときに税務調査があるようです。ほとんどの場合、預貯金のもれのようですが」

とお答えしました。

すると、その相続人の方は、

「追徴税がかかっても、預金を見つけてもらったほうがありがたい」

とおっしゃったのです。

本当にそうでしょうね。

苦労の多い人生で、いつか、何かのときのために、預貯金として蓄えていてくれた、被相続人の方の思いが、その金額の多さから伝わってくるようでした。

相続人の方も、それを非常に感じているように思いました。

|

« 「中小企業の会計に関する基本要領」の適用に関するチェックリスト | トップページ | 震災で申告期限に間に合わない場合 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「中小企業の会計に関する基本要領」の適用に関するチェックリスト | トップページ | 震災で申告期限に間に合わない場合 »