« お別れのプレゼント | トップページ | 陳謝 »

米沢

今年はまだ花粉症の症状が出ないので、もしかして体質が変わったのかも、とうれしくなっていましたが、他の「患者」も同じように感じていたようで、単に季節が遅くなっているだけのようでした。

去年の今頃を考えると、米沢に避難していたときで、花粉症のため、コンタクトレンズがつけられず、メガネも自宅に置いていたため、津波で流されてしまったので、米沢のメガネ屋さんで作ってもらっていた頃でした。

米沢は、雪がたくさん残っていて、日常的に雪が降っていました。

デパートやスーパーで、牛乳やパンなどがかなり品薄になっていて、また、ガソリンを入れるのに、2~3時間ほど並ばなくてはなりませんでした。

しかし、お風呂にも入れるし、ガスや電気も使えるし、隣の県なのに、別天地のように思えました。

事務所もそろそろ再開しなければ、とか、子どもたちの学校や保育所の手続もしなければならない、ということで、被害が少なかった石巻の叔母の家にお世話になることにして、何度か主人と一緒に米沢~石巻間を往復しました。

その準備や自宅が被災した職員のために、米沢でいろいろな買い物をしました。

「家が流されたので」というと、米沢の皆さんは大変気の毒がって、いろいろと親切にして下さいました。

あれがもう1年前のことだとは・・・

その頃からすでに、米沢の公的施設には、福島の皆さんが避難していました。

米沢の皆さんに、本当に感謝しています。

|

« お別れのプレゼント | トップページ | 陳謝 »

ありがとうございます!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お別れのプレゼント | トップページ | 陳謝 »