« 生活感覚の正常化という支援 | トップページ | 授業参観日 »

月下氷人

ある職場では、震災後、従業員を解雇したり、被災して退職する人が多数出てきてしまって、いざ事業を始めようと思っていても、なかなか人が集まりません。

いろいろなところに求人広告を出しても、難しいのです。

しかし、一方で、解雇されたり、自宅が被災して以前の土地を離れたりして、職を失った人が、自分に合った職場を見つけようとするのも、難しいのです。

そういう話を聞くと、自分の中の「おせっかい」の心が、むくむくと頭をもたげてきます。

うまくいってくれれば、と思います。

|

« 生活感覚の正常化という支援 | トップページ | 授業参観日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生活感覚の正常化という支援 | トップページ | 授業参観日 »