« 全国区 | トップページ | 運動会 »

シンポジウム、ありがとうございました!

本日5月25日、横浜・鶴見にて、「鶴見防災対策シンポジウム」が開催されました。

東京地方税理士会鶴見支部の60周年記念事業でした。

実行委員の先生方、本当にありがとうございました!

そしてお疲れ様でした!!

山口大学の三浦房紀先生の基調講演「被災地に学ぶ企業と市民の防災対策」も、非常に勉強になり、被災地であっても、まだまだ防災に関しては不備な部分が多いな、と感じました。

三浦先生は、過去の地震・津波と、平成の、阪神・淡路大震災や今回の東日本大震災での犠牲者の数が、100年以上も経っているにもかかわらず、減少していないことを示唆し、過去の災害の教訓が、この現代にあっても活かされていないのではないか、とお話されました。

そこで、いちばんの危惧は、10万人が犠牲となった関東大震災レベルの地震が、再度発生した場合、犠牲者の規模も同じレベルになるのでは、ということでした。

シンポジウムでは、私自身は持ち時間をかなりオーバーし、私の後でお話されるシンポジストの方々に、ハラハラさせてしまいました。

会場においでになった方々に、アンケートをお願いしておりましたので、その結果が心配なような、楽しみなような・・・

会場の何人かの方から、「私たちも以前、女川に住んでいました」とか、「石巻の網地島に住んでいたことがあります」と、声をかけていただきました。

ありがとうございました!

|

« 全国区 | トップページ | 運動会 »

ありがとうございます!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全国区 | トップページ | 運動会 »