« 着衣泳 | トップページ | 2回目の胡蝶蘭 »

「中小企業の会計に関する指針」に基づく保証料割引について

宮城県信用保証協会では、「中小企業の会計に関する指針」の適用に関するチェックリストで審査を行ない、準拠していることが確認されれば、信用保証料率が0.1%割引されます。

これは、チェックリストの全項目が準拠していなければ、割引となりません。

しかしながら、このチェックリストで、故意・過失を問わず、事実と異なる記載があった場合には、記載・押印した税理士・公認会計士は、その氏名・登録番号・事務所名・事務所所在地及び連絡先を、日本税理士会連合会及び日本公認会計士協会、中小企業庁、社団法人全国信用保証協会連合会等に、登録される、ということになりました。

しかしながら、税務と会計の乖離は、年々進んできています。

もし、この「チェックリスト」に従った会計をしていなくても、宮城県信用保証協会は、保証しない、と言っているわけではありません。

0.1%の割引が受けられないというだけです。

ですから、皆様、ご安心くださいね。

ただ、実際に借入ができる・できない、は、また別の審査がありますので、健全経営をするに越したことはありません。

|

« 着衣泳 | トップページ | 2回目の胡蝶蘭 »

経営の悩み、いろいろ」カテゴリの記事

税務・会計の考え方と情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 着衣泳 | トップページ | 2回目の胡蝶蘭 »