« 初めの一歩 | トップページ | 静岡にて »

プラネタリウム

連休中、家族でプラネタリウムに行ってきました。

360度に近い視界に、満天の星が輝き、ひととき、夢の中にいるようでした。

小4の長女は、「夏の大三角」を、学校の授業でやった、と覚えていました。

アルタイルとベガ、そしてデネブの3つの星を結ぶのが、「夏の大三角」です。

アルタイルは、日本で言えば「彦星」、ベガは「織姫」ですが、ではデネブは、・・・

何と、「お尻」という意味なのだそうです。

デネブ=臀部(でんぶ)、という感じでしょうか。

実際には、白鳥座のお尻に近い部分ということで、この名前がつけられたようです。

アルタイルとベガの距離は、光速でも15年かかるそうです。

気が遠くなりますね。

でも、15年経てば光が届くのですから、他の星たちに比べればまだ近い、と言えるかもしれません。

星たちの輝くプラネタリウムの夜空を眺めながら、1年半の間に起きたいろいろなことに、思いを巡らせました。

|

« 初めの一歩 | トップページ | 静岡にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
今日、TKC静岡会で先生の講演を拝聴させていただきました。
人格を磨くべきこと、地域社会の発展のために尽力されているのが素晴らしいと思いました。
まだ入所5年目ですが、一職員として、これからも今日の教えを取り入れてがんばっていきたいと思いました。ありがとうございます。

投稿: 松永篤 | 2012年10月10日 (水) 22時20分

松永篤さん、コメントありがとうございます。
今日は、私などのお話をお聴き下さり、大変うれしいです。
齊藤先生のお話も勉強になりました。
思ったことをやるだけ、ですね。
入所5年目、とは、きっと先生の期待も大きいでしょうね。
関与先でも、「松永さんなら」と思っておられることでしょう。
応援しています!
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: miho | 2012年10月10日 (水) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めの一歩 | トップページ | 静岡にて »