« 検査 | トップページ | 中小企業金融円滑化法期限到来後の対応 »

事業者の二重ローン買取制度

被災地における事業者の二重ローン買取が進んでいない、というお話が以前ありました。

それは、まだ事業の見通しがなかなかついていないから、ということが原因なのではないか、と思います。

宮城県では現在、公益財団法人 みやぎ産業振興機構の中の、宮城県産業復興相談センターと、㈱東日本大震災事業者再生支援機構が、支援を行なっています。

前者に関しては、事前調査等の専門家費用も、相談センターが負担します(後者の場合は事業者負担で、規模にもよりますが、数百万円になる場合が多いようです)。

また、相談期間中の支払利息も補給する制度があります(後者は事業者負担)。

金融機関からの借入金だけでなく、流失したリース物件の債務や割賦債務なども対象になります。

それらが、前者だと最長10年、後者では15年、返済を棚上げすることとなり、それが資本性借入金とみなされて、自己資本扱いとなります。

つまり、債務超過解消につながることとなります。

また、棚上げ期限が到来しますと、一定の金額の借入金が圧縮されることとなります。

間違えやすいのは、借入金が全額免除になる、というわけではない、という点ですので、くれぐれもご注意ください。

まず、相談センターでご相談いただきますと、どちらの窓口で申請したほうがいいのかを判断して下さいます。

初めに後者に相談に行きますと、相談センターの方がよい場合でも、そちらに変更することはできませんので、ご注意ください。

宮城県産業復興相談センターの石巻地区の窓口は、以下の通りです。

*石巻商工会議所 TEL0225-22-0145(毎日相談員の方が対応します)

*石巻かほく商工会 TEL0225-62-3161

*東松島市商工会 TEL0225-82-2088

*女川町商工会 TEL0225-53-3310

*石巻市牡鹿稲井商工会 TEL0225-45-2521

宮城県産業復興相談センターHPは、こちら

㈱東日本大震災事業者再生支援機構HPは、こちら

ご相談の前に、何か心配なことなどありましたら、当事務所までご連絡下さい。

|

« 検査 | トップページ | 中小企業金融円滑化法期限到来後の対応 »

経営の悩み、いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 検査 | トップページ | 中小企業金融円滑化法期限到来後の対応 »