« 直感 | トップページ | おじいさんの誕生日 »

先週の地震が教えてくれたこと

先週の金曜日の地震と津波警報は、本当に怖かったです。

ちょうど帰宅ラッシュの時間にあたり、事務所の前の道路は渋滞でした。

事務所の皆と、一斉に帰りました。

子どもたちがそろばん塾に行っている時間でしたので、渋滞を何とかくぐり抜け、そろばん塾の教室にたどり着きました。

教室のドアには、「○○小学校に全員で避難しています」との張り紙が。

今度はその小学校に向かいました。

体育館には大勢の避難者が詰めかけていました。

しかし、子どもたちの姿はありません。

いつも母が車で送迎しているので、母が連れて帰ったのかもしれない、と思い、また、車だとまた渋滞にはまると思い、歩いて家まで帰りました。

家に着くと、子どもたちがいました。

ほっとしました。

大きな津波も、そして今のところ、大きな余震もありませんが、まだまだ油断できない、と思いました。

今回は、電気も水道も止まりませんでしたが、もっと大きな地震が来たらどうなるか分かりません。

もっとしっかりと、家族や事務所の皆と、災害時の対処方法について、共通認識をもたねば、と思いました。

そして、災害時の準備ももっとしなければ、と思いました。

|

« 直感 | トップページ | おじいさんの誕生日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 直感 | トップページ | おじいさんの誕生日 »