« 現場仕事 | トップページ | 平成24年も、本当にありがとうございました »

倒産防止共済、ご存知ですか?

年末で、いろいろな「締め」が、通常の月より早くなっています。

特に今年は、29・30日が土日なので、その分を含めて早まっているようです。

個人事業主のお客様で、倒産防止共済の年払いの申込をされる方が、ここに来て何件かありました。

中小企業基盤整備機構の出先機関に電話連絡したり、いろいろ手立てを尽くして、何とか間に合いました。

ほっっっ・・・・・

「倒産防止共済」は、ネーミングのイメージがあまり良くないようで、今は「経営セーフティ共済」という呼び名になっています。

本来の目的は、取引先の倒産による連鎖倒産を防止するための共済です。

取引先の倒産(不渡・破産手続申立・取引停止処分等が該当します。残念ながら夜逃げは該当しません)により、売掛金等の債権が回収できなくなった場合、掛金総額の10倍(売掛債権等の被害額が上限)まで、貸付を受けることができます。

また、臨時に事業資金が必要になった場合にも、貸付を受けることができます。

その他、この掛金は全額損金(必要経費)とすることができます。

月々の掛金の上限が20万円ですので、年払いにすれば、240万円まで損金に算入されます。

通常、損金となる共済の掛金は、掛捨ての場合が多いのですが(そうでない場合には保険料の金額が非常に高額)、倒産防止共済は、基本的に40ヶ月を経過すれば、利息はつかないものの、掛金の全額が返戻されます。

掛金の総額の上限は800万円までですので、3年4ヶ月(40ヶ月)分まで加入できます。

上限まで掛金を支払ったあとは、据え置くことができます。

経費になる上、掛金が全額戻ってくる、ということで、当事務所のお客様の多くが、節税策として活用なさっています。

詳しくは、中小企業基盤整備機構HPをご覧ください。↓ ↓

http://www.smrj.go.jp/tkyosai/index.html

|

« 現場仕事 | トップページ | 平成24年も、本当にありがとうございました »

経営の悩み、いろいろ」カテゴリの記事

税務・会計の考え方と情報」カテゴリの記事

私のおすすめPR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現場仕事 | トップページ | 平成24年も、本当にありがとうございました »