« 最後の?アルバイト | トップページ | 平成25年1月10日 »

鬼と犬

子どもたちが言うことをきかないときは、私は「犬」になることにしています。

犬が喜んで、ワンワン!!と舌を出して抱きついてくる、あんな感じで、子どもたちの耳のあたりにすがりつきます。

すると、子どもたちは、よほどのことでない限り、嫌な顔はしません。

母親、というより、「ヘンな犬」と思うらしく、「まいったな」という顔です。

先日、長女に、「お母さんが鬼みたいになるのと、犬みたいになるのと、どちらのほうだったら、言うことを聞く?」

と聞きました。

すると、長女は、

「でもお母さん、事務所では犬にはなれないでしょ?」

というのです。

事務所の話など、ひとつもしていないのに、おかしいですね。

|

« 最後の?アルバイト | トップページ | 平成25年1月10日 »

人生はおもしろい」カテゴリの記事

経営の悩み、いろいろ」カテゴリの記事

家族の時間」カテゴリの記事

コメント

犬ですね?参考になりました。
「言うことを聞かせる」のは私よりも妻のほうが苦労していて(共有時間が長いので当たり前ですが)途方に暮れています。。。
「ヘンな犬」と思われなきゃいけないところがハードル高そうですが。。。

投稿: 仙台の税理士 | 2013年1月10日 (木) 20時07分

仙台の税理士さん、コメントありがとうございます。
そして明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。
犬(それも、ヘンな)になるのは、全然難しくないですよ。
自分を捨てられるかどうかだけです。
打ち上げのときにでも、お見せしましょうか?

投稿: miho | 2013年1月11日 (金) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の?アルバイト | トップページ | 平成25年1月10日 »