« 岡田劇場がんばれ会、復活! | トップページ | 海と山の経営 »

消費税改正の経過措置

消費税が、平成26年4月1日より、8%に引き上げられます。

ただ、いくつか経過措置があります。

リース契約や工事請負契約に関するものです。

平成25年9月30日までに契約したものであれば、工事契約の場合は、引き渡しがいつの時点になっても旧税率の5%となります。

リース契約の場合は、金額の変更ができないもので、期間が定められている契約であれば、平成25年9月30日までに契約したものは5%となります。

その後の契約に関しても、経過措置があります。

詳しくは、以下の図をご覧ください。 ↓ ↓

消費税経過措置について

ただ、工事契約の場合には、当然請負金額も契約事項となります。

特に被災地では、資材が高騰する傾向にあります。

契約自体は早くても、原価を見積る段階で、そのことも考慮に入れなければなりません。

駆け込み需要も当然、考えられますが、資材の確保などもしておく必要がありますね。

|

« 岡田劇場がんばれ会、復活! | トップページ | 海と山の経営 »

税務・会計の考え方と情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岡田劇場がんばれ会、復活! | トップページ | 海と山の経営 »