« 消費税改正の経過措置 | トップページ | ストレス社会 »

海と山の経営

最近、漁業者の法人や農業法人が、新規設立とともに、お客様になることが増えてきました。

特徴は、何人か近所の親しい家同士のグループの皆さんで構成されているということです。

生まれたときから、お父さん時代のお付き合いで、仲良くしている場合も多いようで、年長の方を「○○君」と呼んだり、当然、年下ですと、呼び捨て(奥様も呼び捨てでその方を呼ぶことも)です。

ただし、いくら親しいとはいえ、それぞれが別の家庭です。

ですから、そのグループの現金は、会計担当者の方によって、しっかりと管理されています。

つまり、帳簿と実際の現金が、きちんと一致している、ということです。

そして、初めから、会計ソフトを使用して経理をしたい、という方ばかりです。

先日も、その入力場面に同席しました。

「初めてなので、分からないことばっかりで」

「これまでローマ字入力でなかったので、時間がかかってすみません」

などと言いながら、しっかりと仕上げました。

心強いことですね。

会計は、税務申告だけのためにあるのではない、ということが、きちんと認識されているように思いました。

|

« 消費税改正の経過措置 | トップページ | ストレス社会 »

経営の悩み、いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消費税改正の経過措置 | トップページ | ストレス社会 »