« 母のウィルス | トップページ | 節目のバロメーター »

試験と仕事

試験は合格するのに、仕事は成果があがらない、という人がいます。

なぜそうなるかというと、試験はあらかじめ問題が与えられているのに対し、実務では、問題そのものを自分で見つけなければならないからです。

また、試験の答えは1つであるのに対し、実務では、答えがいくつもあり、さらに、同じような問題であっても、答えがすべて同じ、とは限らないのです。

そのこと自体を認識するのに、いろいろな経験が必要です。

しかし、さらにおもしろいことに、いくら経験を積んでも、それが自分の身にならない、という人もいます。

自分がいちばん正しい、と考えている人です。

うまくいかなかったのは、自分以外の何かが原因だったからだ、と思うような人です。

周囲の人はそう思っていないのに、自分だけがそう思っている、ということが多いようですね。

|

« 母のウィルス | トップページ | 節目のバロメーター »

経営の悩み、いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母のウィルス | トップページ | 節目のバロメーター »