« 川越にて | トップページ | 経営革新等認定支援機関の支援による補助金 »

農業法人と漁業法人の決算報告会

先日、農業法人や漁業の法人の決算報告会を行ないました。

どちらも、法人設立第1期の決算です。

農業も漁業も、実際の作業をする「場」は、個人の意見では決めることができません。

このあたりの農業は、水稲が中心ですが、場所によって、土地の状態が違うので、「ブロックローテーション」と言うものがあり、農業委員会で、どの農家がどの土地を使用するかが決められる仕組みです。

漁業に関しては、漁業権というものがあります。

海は公的なものですので、その一部を借りて、養殖などをするということになります。

いろいろな意見がありますが、個々の集まりではなく、法人としての「組織」の方向性を、少しずつ見出していっていただきたいものです。

1人(一家)でこれまで仕事をしてきたものを、なぜ、法人化するに至ったのか・・・

他にも同業者がいる中で、なぜ、この人たちが構成することになったのか・・・

それが、経営理念になりそうではないか、と思います。

|

« 川越にて | トップページ | 経営革新等認定支援機関の支援による補助金 »

経営の悩み、いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川越にて | トップページ | 経営革新等認定支援機関の支援による補助金 »