« 経営革新等認定支援機関の支援による補助金 | トップページ | 第1回宮城県沖地震 »

負ける必要性

先日、長男の通うサッカーチームの試合がありました。

残念ながら、長男の所属するチームは1勝2敗で、決勝トーナメントには残ることができませんでした。

決勝に進むチームが、グラウンドを移動した後、コーチがこう言いました。

「スポーツだから、試合をすれば、勝ち負けがあります。でも、重要なのは、その後です。なぜ勝ったのか、なぜ負けたのか。それを考えて、これからの練習につなげることが大事です。

先生も、学生時代からサッカーを続けていますが、試合に勝ったときよりも、負けたときのほうが、そのあと、一生懸命練習をしなければ、という気持ちになりました。

皆さんも明日から頑張りましょう」

努力しても、必ず勝つわけではないし、成功するわけではありません。

しかし、勝ったり、成功したりするところが、努力していない、ということはないと思います。

努力しても、負けたり、失敗したりするから、学ぶのではないか、と思います。

|

« 経営革新等認定支援機関の支援による補助金 | トップページ | 第1回宮城県沖地震 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 経営革新等認定支援機関の支援による補助金 | トップページ | 第1回宮城県沖地震 »